緊急地震速報受信機「Home Seismo」

地震計内蔵 緊急地震速報受信端末 直下地震対応 「グラッ」をもっと早く伝える。
   情報受信料
   月額当たり 3,150 円から(税込)

緊急地震速報とは

緊急地震速報とは、地震観測網から得られた地震情報を即座に伝達し、住民の生命を守ることや社会経済に与える損害を軽減するための情報です。

地震波には伝播速度が速い「P波(初期微動)」と、伝播速度は遅いが大きな揺れを起こす振幅の大きい「S波(主要動)」があります。

先に届く小さな揺れ「P波」を気象庁の地震計が検知し、被害を起こす大きな揺れ「S波」が到着する前に緊急地震速報でお知らせします。

大きな揺れを起こすS波が到達する前に、素早くお知らせすることにより
減災へとつながります。

震源に近い地域では、緊急地震速報が間に合わないとされています。
(気象庁 「緊急地震速報の限界」より)

そこで!!
「ホームサイスモ」は

緊急地震速報受信機に地震計を内蔵しているので
直下地震にも対応

ホームサイスモの特長

  • 端末に内蔵した地震計でP波(初期微動)を検知し、直下地震にも対応
  • P波検知と気象庁の緊急地震速報(予報)の2ルートを持っているため、より確実に 地震発生を警告
  • 地震計の地震アルゴリズムは、地震動と生活ノイズを短時間に高精度で識別
  • 防災訓練機能対応
  • 館内放送接続、回転ライトと連動可能
ホームサイスモ+訓練=数秒で助かる命

緊急地震速報は、導入しただけでは即減災にはつながりません。
事前の対策、定期的な訓練を実施することが重要です。

HomeSeismo(ホームサイスモ)は、震度や猶予時間を設定して、様々なパターンの 避難訓練が可能です。
気象庁が配信する訓練報にも対応しています。

概略図

導入事例

袋井土木事務所

袋井土木事務所

設置場所:壁
音声出力:スピーカ
接点出力:回転ライト
壁に設置 接点出力により回転灯を駆動



沼津市消防本部

沼津市消防本部

設置場所:壁
音声出力:館内放送
オーバースライダー連動
壁に設置 音声出力:館内放送

HomeSeismo
緊急地震速報受信機 ホームサイスモは、 株式会社エイツーが提供するサービスです。
URL : http://www.a-2.co.jp

$Id: index.html,v 1.5 2011/11/17 02:58:59 eguchi Exp $
Last modify: $Date: 2011/11/17 02:58:59 $

クローレス logo. LiCS logo. ASiS logo.